【iPhone/iOS16】iOS16で変わった点は? 新機能や使い方まとめ

スマホ・パソコン

今年9月、iPhone14と合わせて公開されたアップデートiOS16について、新機能や変更点を詳しく解説していきます。特に話題となっているロック画面のカスタマイズ機能にご注目ください。


スポンサーリンク

ロック画面カスタマイズ

今回のアップデートのメインコンテンツとなる新機能となっています。

ロック画面のアップデートによって、自分らしい個性豊かに編集が可能になりました。

このように従来の壁紙だけでなく、日時や時間のフォントの変更や、ウィジェットの追加などが出来るようになり、よりデザインの幅が広がりました。

象物を時計表示の手前のレイヤーに置くなど、高度な編集機能によって自分らしいスマートフォンを作ることが出来ます。また、カスタマイズ機能に合わせて変更された機能を下で紹介しています。

またロック画面の編集方法について合わせて紹介しているので、是非ともご覧ください。

<記事準備中…>

通知に関する変更点

ロック画面で中央に表示されていた通知欄が、画面下側に表示されるようになりました。

さらに上へと積み重ねて表示されます。

集中モードとの連動機能

集中モードを設定することによって、通知の非表示だけでなく通知を受け取るアプリや相手を制限することが出来るようになります。またウィジェットも連動して機能するようです。

ロック解除

ロック画面上で現在行われているアクティビティの状況を確認できるようになります。

これによって、ロックを解除する手間が不要になります。


写真の切り抜き機能

ロック画面のカスタマイズ機能の次に注目されたといってもいい機能です。対象物をスムーズかつ高精度に切り抜くことが出来、写真の編集の 手間が少しでも減るかもしれません。

切り抜き操作のやり方

STEP1 写真アプリ >> 写真を選択
保存した写真を選択

写真アプリを開き、切り抜きたい写真を選びましょう。

STEP2 切り抜き
対象物を長押し

切り抜きたい対象物を長押ししましょう。

そうすると自動的に切り抜かれ、自由に動かせる状態になります。

STEP3 
共有やコピーが可能に

この状態になれば、切り取った対象物のコピー、共有が可能になります。

もちろん保存もできます。またLINEで直接送信したり、メモへ張り付けたりすることも可能です。


パーセント表示

iSO16よりバッテリーのパーセント表示が復活します。バッテリーの残量を数字で表示してくれるので、より実用的なものとなりました。

数字を表示させる設定方法

バッテリー残量の欄をONに

設定からバッテリーに行き、『バッテリー残量(%)』をオンにしてください。

ONにすることでパーセント表示と通常表示を切り替えることが出来ます。

iPhone 13 mini、iPhone 12 mini、iPhone 11、iPhone XRの4機種は今後対応予定なので気長に待ちましょう。


テキスト認識機能

保存した写真から文字をスマホ上に取り込むことのできる機能となっています。また写真を真正面からとらずとも、正確に文字を認識してくれます。

認識させた後は、いつもと同様コピーして利用しましょう。またメモアプリには映しているものから直接コピーできる機能が追加されています。

テキスト認識のやり方

STEP1 設定アプリ >> 一般 >> 言語と地域
STEP2 テキスト認識をON

テキスト認識をONにしておきましょう。

STEP3 画像を選択 >> 認識ボタン
写真右下の認識ボタンをタップ

文字が乗っている写真を選択後、写真右下にあるテキスト認識ボタンを押しましょう。

STEP4 文字を選択

認識が完了すれば、自由にコピーなどをすることが出来ます。

写真から直接メモする方法

メモアプリ >> メモを開く >> カメラボタン >> テキストをスキャン

メモを開き、下にある『カメラボタン』をタップ。

その後一番下に表示される、『テキストをスキャン』をタップしましょう。

タップ後カメラが起動し、画面下に映し出されるので、スキャンしたいものを映しましょう。


以上がiOS16で追加された主な機能です。他にも変更された機能が複数あるので気になる方は調べてみてください。

ロック画面の編集方法は下の記事で紹介しているので、暇があればぜひご覧ください。

<準備中…>

掲示板

タイトルとURLをコピーしました